Facebook恋活アプリ【アイル】の口コミ

Facebook恋活アプリ「I'll〜アイル〜」の評価

イチゴ鼻でオタク気質、引っ込み思案なアラサーの私でも、「ウェディングドレス姿を親に見せたい」という夢だけは、密かに小さな頃から持っていて、焦っていました。

 

アラサーと言っても28歳のおデブな喪女で、積極的に男性に声もかけられない私でしたが、「これではだめだ」と思い、思い切って婚活サイトに登録しました。

 

今では、優しくて誠実な旦那さんと、楽しく結婚生活を送っています。

 

婚活サイトを利用する上で、何か特別なことを、したと思いますか?

 

実は、すごく簡単なことに気を付けただけです!

 

今後、もう使わないであろうFacebook恋活アプリ「I'll〜アイル〜」について、メリットや注意点などを、ご紹介します。

 

アイル 口コミ

 

 

伝えたいのは、主にこの3つです!

 

  1. ・Facebookと連動!最安値の使いやすさ
  2. ・プロフィールはどこまでも詳細に!
  3. ・迷惑なメッセージや「いいね!」も、自分で調節!

 

です。

 

がんばって書きますので、最後まで読んでもらえたら、嬉しいです。

 

Facebookと連動!最安値の使いやすさ

「I'll〜アイル〜」は、Facebookの機能の良いところを利用していて、実名登録である上に、写真や基礎データにも信ぴょう性があります。

 

また、友達登録が10人以上ある人しか登録できませんので、セキュリティもしっかりしていて、怪しいユーザーは少ないと言えます。

 

Facebookと連動しているとなると、「友達に知られてしまうのでは?」と二の足を踏んでしまう人もいるでしょうが、「I'll〜アイル〜」はウォールに投稿されることもなく、婚活を友達に見られることもありません。

 

そして最大の特徴は、ニックネームでの表示であることと、友達同士は表示されない仕組みになっていて、安心して婚活を始められることです。

 

「I'll〜アイル〜」の利用料は、女性は完全無料)年齢確認書類の提出が必要)でどの機能も自由に使えますので、気軽に登録が出来ます。

 

男性は、利用出来る機能に制限がある無料会員と、自由に機能を使える有料会員(月額2900円)。

 

プロフィールはどこまでも詳細に!

男性の年齢や職業、年収、学歴、結婚への意志や、子どもが欲しいかどうかなど、自分の求めている理想の結婚相手のタイプの、詳細なデータが公開されています。

 

逆に、男性が求めている結婚相手のタイプも、詳細に公開されていますので、プロフィールはどこまでも細かく、時間をかけてでも入力しておくことを、おすすめします。

 

迷惑なメッセージや「いいね!」も、自分で調節できる!

1日に、いくつのメッセージや「いいね!(Facebookと同じ機能です)」を受け入れられるかは、人によって違うのですが、受信数を自分で調節できるので、自分が「迷惑だ」と感じないくらいに、設定しておくことが出来ます。

 

お互いが「いいね!」を押し合ってからでないと、メッセージが出来ないという制限付きなので、迷惑メッセージは届きませんので、安心して利用出来る婚活サイトです。

 

さて、Facebook恋活アプリ「I'll〜アイル〜」について、メリットや注意点などは、いかがでしたでしょうか?

 

Facebookのアカウントでログインしても、友達同士が表示されることはありませんし、ウォールに活動が勝手に書き込まれることも、ありません。

 

女性は年齢確認が必要ですが、利用料は無料ですので、積極的に活用していけるでしょう。

 

登録するプロフィールは、基本中の基本ですが、時間をじっくりかけてでもよく考えて、全て埋めるのがおすすめです。

 

アプリなので、自分の空き時間にタップして開いて……という活動でも、充分、前に進んでいると思いますので、気楽に気長に活動して行きましょう。

 

アイル 登録

 

 

婚活アプリのアイルで旦那を見つけたアラサー女子の口コミ

 

20代前半は、仕事に一生懸命に過ごし、後半になってハッと気づいたら、友達や同僚が次々に結婚していて、現実にあ然としました。

 

そんなアラサーな27歳の私は、友達に誘われて始めたFacebookと連動している、婚活サイト「I’ll〜アイル〜」に、これまた友達に誘われて登録しました。

 

1人だと内気で積極性のかけらもない私でも、友達が一緒に活動しているなら、という、安心感と、女性は無料会員であることも、決め手でした。

 

「I’ll〜アイル〜」は、Facebookと連動してはいるけれど、ニックネームでの表示であることと、活動や投稿がウォールに反映されないので、プライバシーが保護されているのが、気に入っていました。

 

また、友達同士であっても、お互いの表示はされなくなっているので、活動が分かるようなことはありません。

 

一緒に登録した友達と、お互いのウォールに流れてきていないかどうかを、一応確認してからのスタートでした。

 

プロフィールは事細かく、設定出来るものは全て設定しました。

 

相手の男性のことを知りたいと思うのと同じく、男性に自分のことを知ってもらいたいと思いますもんね!

 

その後、検索して出てくるプロフィールを見て、気になった男性が2人居たので、「いいね!(Facebookのいいね!ボタンと似た機能です)」を、押させてもらいました。

 

そのうち1人からは返事が来ませんでしたが、もう1人の30歳の接客業の男性からは、「いいね!」が返って来ました。

 

自己紹介と「プロフィールに、シフト制のお仕事と書いてありますが、具体的にはどんなことをされているのですか?」という一文を添えて、メッセージを送ってみました。

 

男性からは、休憩時間(16時ごろでしたが)に、簡単な自己紹介と「観光ホテルのフロントマンをしています」とお返事がありました。

 

私も今の仕事に就く前に、ビジネスホテルで働いていたことをお話すると、ホテル業界が抱えている独特の頭の痛い問題だったり、「お客様は神様あるある」だったりで、話が盛り上がりました。

 

また、私が現在、企業の事務職に就いている話や、飼っているハムスターの話も、興味を持って聞いてくれて、でも流石にFacebookアカウントを教えるのも恥ずかしかったので、まずLINEを交換して、やり取りを始めました。

 

やり取りをLINEにしても、相手の男性のメッセージの頻度は変わりませんでしたし、その日、気になった夕焼けの空の雲とか、ハムスターの面白画像などを送ったりしているうちに、「直接会って、話がしてみたいんだけど」と言われました。

 

「I’ll〜アイル〜」に登録して2か月ほどした、日曜日のランチを、相手の男性はシフトをやりくりして、ご一緒してくれました。

 

私のスマホの、写真フォルダの中のハムスターに声を上げて笑ったり、街角で出会った野良猫の写真に「癒されますね」と言ってくれたり、何時間過ごしても、ずっと楽しく過ごせそうだなと、思いました。

 

帰り際に、「何時間過ごしても、楽しく過ごせそうだと思いました!お付き合いして下さい!」と告白されて、同じことを考えていてびっくりしましたが、一も二もなく「お願いします!」と、気付いたら返事をしていました。

 

「I’ll〜アイル〜」には、あしあと機能もあるのですが、後日、2人で一緒に退会する時に確認したら、相手の男性(今は彼氏に昇格しました!)のあしあとが、何度もついていました。

 

機能を、全部使いこなせていた訳ではなかったようですが、「I’ll〜アイル〜」で素敵な彼氏が出来ました!