NOZZE(ノッツェ)結婚相談所は料金良心的?口コミ評判

NOZZE(ノッツェ)のガチ体験レポート

「こんな私でも結婚できるのかなぁ」と思いつつ、気付いたらアラサーの声もかすれてきた、34歳で、少々焦り気味のぽちゃ子でおチビの私が、本格的に焦りだしたのは、合コンに行っても年齢を言うだけで、圏外にされてしまうようになったからでした。

 

小さな頃は「○○歳には結婚して、○○歳には子供を産んで」と思っていたのに、これではいけないと、結婚相談所に登録しました。

 

ノッツェ 結婚相談所

 

 

今では、楽しくて優しい旦那さんと二人、新しい家族が増えるのを待っているところです。

 

結婚相談所で、何か特別なことをしたと思いますか?

 

実は、ちょっとだけ工夫をしただけなんです!

 

今日は、結婚相談所NOZZE(ノッツェ)の詳細や注意点と、料金、お得な利用方法をご紹介していきます。

 

お伝えしたいのは、主にこの3つです。

  1. 理想が叶うコースを提案。コースも色々徹底サポート
  2. 結婚ナビ、お見合いパーティー、お見合いアシスト。多彩なコースで安心
  3. 年代と境遇に沿った婚活の仕方。年代が上の人でもチャレンジ

 

です。

 

がんばって書きますので、最後まで読んでもらえると嬉しいです。

 

理想が叶うコースを提案。コースも色々徹底サポート

結婚相談所NOZZE(ノッツェ)では、無料相談会を受け付けていて、コースや料金、サービスに納得した人が、身分証明書・独身証明書(男性)などを提出して、入会することが出来ます。

 

婚活意欲が強く、月の支払い金額によって紹介してもらえる人数や、お見合いを調整できる人には、「ベーシックコース(入会金30,000円、初期費用47,500円、月会費は申し込み人数によって変動します。オプションとして、会員情報提供料を支払うこともあります)」がおすすめです。

 

お見合いから結婚についてまで、専任のアドバイザーに相談しながら、慎重に婚活を進めたい人には、「お見合いアシストコース(入会金、初期費用はベーシックコースと同じです。月会費は19,500円+成果報酬料はお見合い一回につき10,000円、成婚料は100,000万円です)」が良いでしょう。

 

また、20代女性のために作られた限定プランや、他者から乗り換えて婚活する人のためのお得なプラン、お得なペア割(どのような関係でも、2人で一緒に申し込むと、割引が受けられます。他のプランとは併用できません)など、婚活をしている人のニーズに細やかに対応していると言えます。

 

結婚ナビ、お見合いパーティー、お見合いアシスト。多彩なコースで安心
このサービスでは、多彩なコースを利用することができます。

 

「結婚ナビ」は24時間いつでも、インターネット(パソコン、携帯、スマートフォン)でお相手を検索して、婚活アドバイザーを通さず、自分で好みの異性を探すことが出来ます。

 

一押しポイントは、写真では決して伝わらない人柄や声、表情などのお相手の自己アピールを、動画でチェックすることが出来ることです。

 

気に入った異性が見つかったら、ノッツェ会員に与えられている、「出逢Eメール」というシステムを使って、プライベートのメールアドレスは非公開で、やり取りすることが出来ます。

 

「お見合いパーティー」は、少人数のお見合いスタイルから、大人数のラージスタイル、特別企画なども用意されていて、自分が興味のあるパーティーに申し込んで、参加することが出来ます。

 

年齢やステータス、地域など、細かな設定でのパーティーが各種取り揃えられていますので、例えば、「自分が住んでいる街にほど近い会場で、同年代の人と知り合いたい」など、自分の希望に近い条件で、お見合いパーティーを探すことが出来ます。

 

「お見合いアシスト」コースは、「毎日忙しくて、自力で活動しにくい」とか、「自分に似合う結婚相手の条件が分からない」など、婚活に踏みとどまっている人のために誕生したコースで、「幸せの手助けをしたい」という精神から、生まれたサービスです。

 

自分でお相手を探して、自分でアプローチするのは、なかなか根気がいるものですが、専任の結婚カウンセラーに紹介してもらうことで、気に入ったお相手が見つかれば、お見合い設定までの時間が早くなりますし、結婚カウンセラーに一から相談することもできます。

 

自分に合った婚活の仕方。年代が上の人でもチャレンジ

NOZZE(ノッツェ)では、20代女性の婚活は勿論のこと、30代、40代、50代の婚活、中高年(シニア)の婚活など、自分に合った婚活の仕方を、提案しています。

 

それぞれの年代で、抱えている悩みや希望は、少しずつ変化してくるものですが、このサービスの婚活アドバイザーは、生活スタイルや結婚の理想もヒアリングしますが、自分の現実、将来の希望なども併せて、コンサルティングしていきます。

 

インターネットが苦手な会員には、郵送のサービスも行っていますので、シニアの人でも安心のサービスです。

 

さて、結婚相談所NOZZE(ノッツェ)の詳細や注意点と、料金、お得な利用方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか。

 

焦って合コンに繰り出しては、ノックアウトされていた私も、NOZZE(ノッツェ)に入会して、婚活アドバイザーの人と何度か話しているうちに、落ち着いて自分を見つめ返すチャンスになりました。

 

合コン(友人の紹介、という肩書)にしがみついていたけれど、このサービスは、婚活に必要なマナーやルールを学べるセミナーもありますし、一般常識を学べたことや、自分でも気づかなかった自分のアピールポイントにも、気付けました。

 

全国に21店舗を構える、業界大手の結婚相談所ですので、まずは無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

 

ノッツェ 口コミ

 

 

35歳喪女がNOZZE(ノッツェ)結婚相談所に行ってきたよ!

 

「そういえば出会いのチャンスが、少なくなってきたかも……」と思い始めた、アラフォーの声も近い35歳の私は、体格が良いと言えば聞こえはいいけれど、スポーツをやっていたから身長は高く、でもその後太ってしまったので、縦にも横にも幅がある「ちょっと残念女子」でした。

 

合コンとかには行っていたのですが、35歳にもなると、好意を寄せてくれる男性も少なくなって、出会いはあってもお付き合いに発展することは、本当に少なくなっていました。

 

「これではいつまで経っても結婚できない!」と気付いたので、インターネットで婚活サイトとか婚活パーティーとかを検索して、最終的にたどり着いたのが、結婚相談所のNOZZE(ノッツェ)でした。

 

NOZZE(ノッツェ)は、ホームページやフリーダイヤルから、無料相談を開催していて、時には出張カウンセリングもしているそうで、私は都内に住んでいたので、新宿の本店に予約を入れて、説明を受けました。

 

サービス内容がとても事細かで、聞いてるだけだと、途中で分からなくなったのですが、「分からないこと有りませんか?」と聞いて下さるスタッフの方が印象的で、「これならやっていけそうかも」と思い、ベーシックプランで入会することにしました。

 

入会金(30,000円/税抜)+初期費用(47,500円/税抜)で、一般事務の私には、なかなか痛い出費ではありましたけど、その後にやってくるはずのしあわせを思って、思い切って手続きしました。

 

ベーシックプランでは、月会費は、その月紹介してもらうお相手の人数によって変わるのですが、私は勝手がわからなかったので、毎月2名(月4,500円/税抜)の人に申し込むことが出来るタイプにしました。

 

NOZZE(ノッツェ)では、インターネット検索でお相手を探すことが出来るのですが、まず自分が、どんな男性とどんな恋愛をして、どんなプロセスで結婚へとつなげたいかを、妄想みたいなものでしたが、考えることから始めました。

 

それまで、「いつかいい人が現れて、いつか結婚できるだろうな」と、ぼんやり考えていたことを、ほんの少し具体的に考えることで、検索して上がってくる候補の男性たちに、投影することが出来ました。

 

このサービスは、日記を検索して結婚(成婚)につながったという体験談が多いくらい、日記をつけて、お互いに見ることが出来るようになっているので、この機能を使ってかなり検索をかけて、月に2人ずつ、積極的に申し込んでいました。

 

でもそんなに、面白いように転がるはずもなかったので、月に申し込める人数を毎月5名(月9,000円/税抜)に変更して、さらに門戸を広げるつもりで、検索を続けてみました。

 

その間に、婚活セミナーに顔を出して、「婚活に必要なルールとマナー」を学んでみたり、普段の生活でも、ほんの少し服装や髪型に気を使ってみたり、流行りのメイクよりは少しだけ大人しめの、清楚な感じに見えるメイク術を身に付けたりと、自分を変えていく努力もしてみました。

 

そうして、申し込んでは断られ、申し込まれては断ってを繰り返して、5カ月ほどが経った頃に、公務員のEさんという男性から、「お話ができたら嬉しいです。僕も読書が大好きで、特に宮部みゆきと畠中恵にハマっています」というメッセージ付きで、申し込みがありました。

 

私も小説家の宮部みゆきさんが好きで、自己PR動画で話している仕草や、声の感じが素敵だったので、「あ、もしかしたら、気が合うのかもしれない」と思い、NOZZE(ノッツェ)内で利用出来る「出逢Eメール」を利用して、お話をしました。

 

Eさんは中学校の教師で、「読書好きが高じて、気付いたら教師になっていました」「影響を受けたのは、高校2年の時の担任です」と言っていて、夢を持って仕事をしている人にあこがれていた私は、「お会いしてみたいな……」と思いました。

 

でも、ちょっと勇気がわかなかったので、NOZZE(ノッツェ)の婚活アドバイザーの方に相談して、アドバイザーの方に立ち会ってもらって、初めましてのお見合いをさせてもらいました。

 

Eさんは、7度目のデートの時に、「転勤もあるかもしれない仕事ですけど、それでも良ければ、ついて来てください。大切にしますから」と言ってくれて、交際をスタートすることが出来ました。

 

今は、Eさんと、お互いの職場から一番いい距離の家を、2人の愛の巣として借りるために、2人で週末に不動産屋巡りをしています。

 

結婚を決めた後でも、会員特典を受けられるサービスなので、NOZZE(ノッツェ)はおすすめです。

 

「あの時、勇気を出して無料相談に行って、良かった……!」と、心の底から思っています。