【パートナーエージェント】結婚相手の紹介所成婚率No1婚活IBJの評判

上場企業IBJ運営なので安心してパートナーを紹介してもらえる

パートナーエージェント 登録

イチゴ鼻でデブスの、アラサーと言ってもすでに30歳を超えていた私でも、「ウェディングドレスを着たい」という夢だけは、小さい頃から持っていました。

 

自分に自信のあるタイプでもなかったので、積極的に男性に声をかけることもできず、流石に「アラサー」も痛いと思い始めて、30歳を超えた時に、思い切って婚活支援サービスに登録してみました。

 

今では、優しい旦那さんと楽しい結婚生活を送っています。

 

婚活支援サービスで、何か特別なことをしたと思いますか?

 

実は、あることに気付けただけでした!

 

この先もう使わないであろう、「パートナーエージェント」という婚活支援サービスの、入会方法や特徴、メリット、成婚力診断などをご紹介します!

 

パートナーエージェント 評価

 

 

伝えたいのは、主にこの3つです。

 

  1. ・専任コンシェルジュとの二人三脚
  2. ・入会から成婚までのフローと、PDCA?
  3. ・コース別料金と、返金保証について

 

これだけです。

 

がんばって書きますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

サービス説明会と、専任コンシェルジュ

「パートナーエージェント」は、婚活する人と、コーチングスキルを学んだ専任コンシェルジュとの二人三脚で、1年以内にパートナーとの成婚を目指すエージェントです。

 

サービス説明会を利用するには、まず、電話やインターネットで、自分の住んでいる地域の「パートナーエージェント」の支店に、来店予約を入れます。

 

予約した日時に支店に行くと、アカウントエグゼクティブが、費用や活動の方針を説明してくれますし、その人がパートナーに求める7つの要素で、その時点でのコンタクト数などを、シミュレーションしてくれます。

 

サービスに納得出来たら、登録書類にサインをしますので、独身証明書と本人確認書類としての免許証や、保険証などを持参しておくと、登録がスムーズに進みます。

 

登録が済むと、専任コンシェルジュのインタビューで、「自分はどんな人を求めているか?」や「どんな結婚観を持っているか?」など、婚活計画をプランニングして、専任コンシェルジュとの二人三脚での婚活が、スタートします。

 

入会から成婚までと、PDCA?

専任コンシェルジュが引き出した、その人だけの婚活計画を利用して、「パートナーエージェント」が他の結婚相談所や婚活支援サービスと連携し(コネクトシステムと言います)、専任コンシェルジュが「この人と会って欲しい」と感じた男性を、紹介してくれます。

 

「会ってみたい」と思ったら、コンタクト(お見合い)となりますが、その先のお付き合いをより身近に感じられるように、喫茶店などで会います。

 

30分から1時間で切り上げますが、当日の服装やお店の選び方、話題なども、専任コンシェルジュと相談することが出来て、緊張のコンタクトも安心です。

 

コンタクトを重ねていくと、自分のアピールポイントに気付いたり、新しい自分を発見したりして、もっと効果的なアプローチ方法が分かって来るようになるので、理想の結婚により近づくことが出来ます。

 

「パートナーエージェント」では、更に理想に近付くために、活動計画を改善していくP(PLAN/準備、計画)D(DO/コンタクト)C(CHECK/コンタクト結果の検証)A(ACTION/活動の見直し)サイクルを、取り入れています。

 

コンタクトで双方の気持ちが一致したら、交際をスタートさせて、お互いの相性をはかりますが、その間も専任コンシェルジュとは連絡を取り合えますし、不安や迷いがある場合は、気軽に相談出来るので心強いです。

 

結婚を意識出来るようになれば、真剣交際へと発展させて、その時点で他の男性の紹介と交際は、ストップされます。

 

その後、結婚を前提に二人で退会することを、成婚退会と言いますが、真剣交際へ発展しない場合は、PDCAのサイクルを利用して、コンタクトを重ねることも出来ます。

 

コース別料金と、返金保証について

専任コンシェルジュと二人三脚で婚活を進めて行くコースを、「コンシェルジュコース」と言います。

 

「コンシェルジュコース」は、登録料3万2400円、初期費用10万2600円、月会費1万7280円、成婚料5万4000円(すべて税込です)ですが、専任コンシェルジュによる全面的なサポート(自分の結婚観を把握するためのアドバイスや、コンタクト時のアドバイスなど)を受けられます。

 

「イベントコース」では、登録料3万2400円、初期費用2万7000円、月会費7560円、成婚料5万4000円(すべて税込です)で、イベントやパーティスタイルでの出会いを楽しめますが、こちらは東京都内や、関東に限定されたサービスです。

 

また、「コンシェルジュコース」に限っては返金保証制度があり、入会月の翌月1日を始まりとして、3か月以内に紹介の回答が「双方合意」にならなかった場合、登録料を全額返金してもらえます。

 

自己都合で活動が遅れたなど、全額返金保証が受けられない場合もありますが、詳細は店舗で説明してもらえますので、覚えておいた方が良いでしょう。

 

さて、「パートナーエージェント」という婚活支援サービスの、入会方法や特徴、メリットは、いかがでしたでしょうか?

 

安心なのは、「いつでも、専任コンシェルジュに相談出来る!」「交際がスタートしても、二人三脚で進めることが出来る!」ということです。

 

一人で婚活していると、自分の「ちょっとイケてない部分」が分かりづらいので、専任コンシェルジュと意見を交わし合うことで、自分の「良いところ」を見つけることが出来ました。

 

良い時も悪い時も、「一人じゃない」と思える安心感は、あたたかく感じました。

 

忙しくて時間を取りにくい人や、自分から積極的に動くタイプでない人(私はこちらでした)に、おすすめの婚活支援サービスですので、ちょっと勇気を出して登録してみましょう!

 

パートナーエージェント 口コミ

 

 

パートナーエージェントで紹介してもらって出会いってきたよ!口コミ

 

私は「結婚適齢期って、本当はいつ頃なのかなぁ」と考えているような、ぼんやりしたアラサー女子(それもど真ん中の30歳……)でした。

 

ぼんやりと過ごしていたので、「いつかいい人が出来て、結婚するんだろうなぁ」くらいの心構えで、30歳まで来てしまいました。

 

でも流石に、前カレと別れてから2年も経っていて、彼氏もいない、好きな人もいない、出会いもないとなると、若干焦りも出始めて、スマホで婚活サイトや、結婚相談所を検索していた時に、「パートナーエージェント」というサイトを見つけました。

 

「成婚率No1」「顧客満足度No1」と、サイトに書いてあって、「へぇー!」と思ったので、早速、どうやったら「パートナーエージェント」に入会出来るか、調べました。

 

サイトに、「資料請求」ボタンと「来店予約」ボタンがあったので、サクッと来店予約ボタンをタップして、自分の都合のいい日時が開いているかどうかを確認し、予約をしました。

 

東北と、四国、九州には支店が進出していないので、支店が営業しているエリアに住んでいて、運が良かったと思います。

 

無料体験診断もあったのですが、私はそのまま説明会に行き、90分ほどの間に説明や質疑応答などをして、その場で入会しました。

 

ぼんやりさんの私にしては「よく決断した!」と、その時に即決した自分を、誉めたいと思います。

 

入会にかかる費用ですが、初期費用を含む登録料が12万5000円、月会費1万6000円、成婚料が5万円と、最初の費用は大きく感じましたが、月会費は相場くらいかなぁと思いました。

 

「パートナーエージェント」は、専任コンシェルジュという制度があって、コーチング研修を受けた専属の担当者になってくれます。

 

私も専任コンシェルジュが決まり、相手の男性のタイプや年収の希望、学歴や趣味に至るまで、細かく細かく「私の理想の結婚観」のイメージを具体的にしてくれました。

 

それからは、コンシェルジュにほとんどお任せと言うか、私が希望している条件に合う男性を探してくれて、コンシェルジュの方から「この人と会ってみません?」と連絡をくれるので、私がその男性の写真や条件を見て、会ってみる、みないを、決めるだけでした。

 

4カ月ほどした頃、38歳で建築系の会社に勤める会社員のWさんという男性を、紹介されました。

 

甘いものがとにかく大好きで、特にチョコレートに目がなく、でも太りやすい体質だから、運動も気を付けているという、細マッチョな感じの優しそうな、フツメンよりイケメン寄りの男性でした。

 

「会ってみたいです」とお返事をした後、日時が決められるとドキドキしてきたし、自分のアピールポイントがどこか分からくなって不安になったしで、コンシェルジュと相談して、服装から髪型、メイクなども決めることが出来ました。

 

コンシェルジュと、どこまでも二人三脚で婚活を進めることが出来るので、すごく助かるし、ひとりじゃない安心感が嬉しかったです。

 

実際に、Wさんとは喫茶店で1時間ほどお会いしたのですが、ちょっと身長が低めで、目が垂れていたので、とっても親近感が湧きました。

 

私が「チョコレートは詳しくないけど、食べておいしいから好きです」と言ったら、「最初はそこから入ったんですけど、凝り性なのと、知識欲と言うか……、覚えるのが楽しくて」と、照れたように笑うWさんが、印象的でした。

 

私はWさんと、3回目のコンタクト(いわゆるデート)の時に、「交際したい」という意思を確認して、お互いのコンシェルジュに伝えました。

 

その後、他の男性への紹介もストップしてくれる「真剣交際」を経て、結婚を前提に二人で「成婚退会」しました。

 

今は、Wさんとは婚約して、しあわせの階段を昇ろうとしているところです。

 

「パートナーエージェント」に出会わなければ、専任コンシェルジュと二人三脚の婚活を進めることが出来ませんでしたし、婚約者のWさんとも、出会うことすらなかったと思うと、本当に「パートナーエージェント」に登録して、良かったです!

 

パートナーエージェント 紹介