ネット結婚応援サイト「プレマリ」婚活お見合いの口コミ評判

プレマリを楽しく安心して使うために読んでほしいこと。

プレマリ

34歳にもなって、「アラサーなんです!」なんてお世辞にも言えなくなった頃、周りの友だちは次々に結婚したり出産したりと、お目出度いことラッシュでした。

 

私はと言えば、おデブでイチゴ鼻でドジっ子属性付きなものですから、言い寄ってくれる男性も「面白がって」いたり「罰ゲーム感覚」だったりして、正直、「私自身を見てくれる男性」は皆無に近かったのです。

 

そんな私も、やさしい旦那さんと一緒に毎日、楽しく暮らしています。

 

「婚活サイト」を使って、何か特別なことをしたと思いますか?

 

 

実は、これだけ気を付けただけだったのです、

 

気を付けてほしいのは3つです。

  1. ・「独身証明・卒業証明・年収証明」の提出の、必須
  2. ・コースごとに違うワンランク上のサービス
  3. ・この業界では珍しい会員資格

 

お見合いネットワーク充実結婚支援サイト「プレマリ」の特徴詳細 注意点と特徴を、一生懸命書きますので、最後まで読んで頂けたら嬉しいです。

 

・「独身証明・卒業証明・年収証明」の提出の、必須

私自身を見てくれる男性」を求めて、見つけたのが、「結婚相手に出会える結婚出会いサービスならプレマリ」と言うサービスでした。

 

あまり他の婚活サイトを知っている訳ではありませんが、「プレマリ」は自社同士の出会いの垣根を超え、ネットワークに加盟する会結婚相談所会員との出会いをサポートしてくれます。

 

「プレマリ」には完全なセキュリティ体制があり、「たくさんのお相手の中で、お見合いをする」ことを念頭に、お見合い成立数を上げています。

 

「プレマリ」の会員はすべて、「独身証明・卒業照明・年収証明」を提出し、本人がどれだけ真剣に「婚活」に向き合っているか、お相手を吟味できることもありますが、お相手から自分をよく厳選してもらえます。

 

・コースごとに違うワンランク上のサービス

男性は22歳から70歳までの独身者(当然独身証明提出済みです)で、必須項目に「写真」の提出とあります。

 

これは、他の写真を提出した時にも、本人であることを確認できるようにとのことで、「写真」提出自体は、女性も必須です。

 

女性の入会条件は、20歳から6歳までの独身者で、当然「離婚者」も含まれています。

 

「VIPコース」と「プライドコース」がお見合い成立した場合は、月2成立までは5000円なのですが、「VIPコース」が(有料ではありますが)お見合いネットワークに依頼できることと、VIP専用のパーティにも参加することが出来ます。

 

・この業界では珍しい会員資格

言葉は悪いですが、いくつかの「婚活サイト」を渡り歩いていると、「医師と結婚したい」という女性を多く見受けられます。確かに、高収入高学歴な方々は、高嶺の花かもしれません。

 

そこで、「プレマリ」では「VIPコース」への入会をおすすめし、初めから「高学歴・高収入」の方をターゲットとしたいわば「早期成婚プログラム」ともいうような、コースがあります。

 

「プライドコース」がのんびり時間をかけて、お相手を探したい、という方のためのコースだとすれば、「VIPコース」に入って、素早く理想の男性をゲットする方をオススメします。

 

また、おまけの情報ではありますが、外国籍でも定職に就いている男性は、登録することが出来ますので、お忘れなく。

 

さて、お見合いネットワーク充実結婚支援サイト「プレマリ」の特徴詳細 注意点と特徴
は、いかがでしたでしょうか。

 

まとめると

 

一見、お金持ちがお金をかけて「婚活サイト」を利用しているように見えますが、実際は「VIP」コースの入会金は、1か月・6か月・年払いと支払いコースも選べますし、「ブライド」コースの入会費も、6カ月払い・年払いの2回に分けられていますが、1か月実質10800円と、割とお手頃でもあります。

 

また、何か不安になった時には、運営スタッフが逐一相談に乗ってくれますので、安心して利用できる理由でもありますので、おすすめいたします。

 

プレマリ 入会

 

 

プレマリ利用してみたガチ体験談

 

38歳にもなって、冗談にも「アラサーなんです」なんて言えないで、「アラフォーです、アハハ」と、無理して見せるのも、限界かなぁと思い始めた、39歳の誕生日前あと3か月というところで、ずっと独り身だった友達が、授かり婚をしました。

 

私と来たら、身長の割に横に太いし、指輪のサイズもちょっと言えないくらいなので、「この人いいな」と思う人がいても、結局、声をかけずじまいでした。

 

そんな時に、「独身証明書」と「写真」が必要な「結婚相手に出会える結婚出会いサービスならプレマリ」に、出会いました。

 

長い名前だし、私には容姿とか利用料金とか、色々な意味で敷居が高い気がして、一度はそのアプリを閉じました。

 

でもほかの「婚活サイト」を検索して、試しに3か月だけ登録してみたのですが、メッセージは来るのですが、顔写真を見せると、フェードアウトしていく男性ばかりで……。

 

落ち込んでいる時に、前述の授かり婚をした友達から、「後ろばかり向ていちゃいけないよ。○○(私です)には、○○にだけの優しさと包容力ってものが、あるんだからね」と、LINEでメッセージをもらいました。

 

正直、「もう婚活なんてやめてやろうか」と思っていたところだったので、思わぬところで援護射撃をもらって、嬉しくて涙が出ました。

 

そして改めて入会したのが、「プレマリ」でした。

 

お見合いは勿論、結婚するまでじっくりとサポートしてくれるし、専門のカウンセラーがいることで、自分の揺らいでいる心とか、お相手に関する不安とか、そいう言ったところまでサポートしてくれました。

 

私は、どうせなら早く結婚したいと思ったので、「ブライド」コースに申し込みをしました。

 

6カ月で結婚相手と出会えるとは思っていなかったので、一括払いは少々きつかったですが、3万0240円をクレジットカードで支払いました。

 

でもよく考えたら、12カ月で割って、更に30日で割ってみると、1日100円にも満たないくらいの支払いだったので、「1日ペットボトル1本我慢しよう!」と言う気に、なりました。

 

そこからはまず、自分のプロフィールを充実させることと、相手のプロフィールが充実させられているかということをチェックすること、年収や学歴、趣味、休日は何をしているかなど、細かくチェックしていきました。

 

そうして8カ月ほど経った頃、40歳のお相手の方から、とても丁寧なメッセージが送られてきました。

 

まるで「ビジネス文書」のように始まったそのメッセージは、お相手の方の人となりを感じさせる、誠実で真面目な、言葉が並んでいました。

 

ただちょっとだけ残念だったのは、頭頂部が多少薄くなっていたことです。

 

それは本人も気にして、「頭頂部が多少薄いですが、補って余りあるアイディアとユーモアがあると思っていますので、良かったら、お返事頂けないでしょうか?」と、書かれていました。

 

私は、その一言にやられてしまって、「ぜひ、お話させてください」とお返事していました。

 

その後はとんとん拍子で、LINEを交換して、すぐに通話もするようになって、「エンジニアだから夜中に帰ることもあるんです」と言うので、「メールだけでも、お休みなさいって言いたいですね」と返すと、「嬉しいです、ありがとうございます!」と、声が弾みました。

 

ライン交換してから最初のランチは、公園に面した落ち葉の美しい「こんなところでお茶してみたいなぁ」と思っていたような、素敵なカフェで待ち合わせました。

 

そして、その場で結婚を前提にお付き合いをすることを、お互いに決めました。

 

容姿に自信のなかった私でしたが、友達の後押しと、婚約者のユーモアに、とても救われています。

 

「プレマリ」さん、本当にありがとうございます。
38歳にもなって、冗談にも「アラサーなんです」なんて言えないで、「アラフォーです、アハハ」と、無理して見せるのも、限界かなぁと思い始めた、39歳の誕生日前あと3か月というところで、ずっと独り身だった友達が、授かり婚をしました。

 

私と来たら、身長の割に横に太いし、指輪のサイズもちょっと言えないくらいなので、「この人いいな」と思う人がいても、結局、声をかけずじまいでした。

 

そんな時に、「独身証明書」と「写真」が必要な「結婚相手に出会える結婚出会いサービスならプレマリ」に、出会いました。

 

長い名前だし、私には容姿とか利用料金とか、色々な意味で敷居が高い気がして、一度はそのアプリを閉じました。

 

でもほかの「婚活サイト」を検索して、試しに3か月だけ登録してみたのですが、メッセージは来るのですが、顔写真を見せると、フェードアウトしていく男性ばかりで……。

 

落ち込んでいる時に、前述の授かり婚をした友達から、「後ろばかり向ていちゃいけないよ。○○(私です)には、○○にだけの優しさと包容力ってものが、あるんだからね」と、LINEでメッセージをもらいました。

 

正直、「もう婚活なんてやめてやろうか」と思っていたところだったので、思わぬところで援護射撃をもらって、嬉しくて涙が出ました。

 

そして改めて入会したのが、「プレマリ」でした。

 

お見合いは勿論、結婚するまでじっくりとサポートしてくれるし、専門のカウンセラーがいることで、自分の揺らいでいる心とか、お相手に関する不安とか、そいう言ったところまでサポートしてくれました。

 

私は、どうせなら早く結婚したいと思ったので、「ブライド」コースに申し込みをしました。

 

6カ月で結婚相手と出会えるとは思っていなかったので、一括払いは少々きつかったですが、3万0240円をクレジットカードで支払いました。

 

でもよく考えたら、12カ月で割って、更に30日で割ってみると、1日100円にも満たないくらいの支払いだったので、「1日ペットボトル1本我慢しよう!」と言う気に、なりました。

 

そこからはまず、自分のプロフィールを充実させることと、相手のプロフィールが充実させられているかということをチェックすること、年収や学歴、趣味、休日は何をしているかなど、細かくチェックしていきました。

 

そうして8カ月ほど経った頃、40歳のお相手の方から、とても丁寧なメッセージが送られてきました。

 

まるで「ビジネス文書」のように始まったそのメッセージは、お相手の方の人となりを感じさせる、誠実で真面目な、言葉が並んでいました。

 

ただちょっとだけ残念だったのは、頭頂部が多少薄くなっていたことです。

 

それは本人も気にして、「頭頂部が多少薄いですが、補って余りあるアイディアとユーモアがあると思っていますので、良かったら、お返事頂けないでしょうか?」と、書かれていました。

 

私は、その一言にやられてしまって、「ぜひ、お話させてください」とお返事していました。

 

その後はとんとん拍子で、LINEを交換して、すぐに通話もするようになって、「エンジニアだから夜中に帰ることもあるんです」と言うので、「メールだけでも、お休みなさいって言いたいですね」と返すと、「嬉しいです、ありがとうございます!」と、声が弾みました。

 

ライン交換してから最初のランチは、公園に面した落ち葉の美しい「こんなところでお茶してみたいなぁ」と思っていたような、素敵なカフェで待ち合わせました。

 

そして、その場で結婚を前提にお付き合いをすることを、お互いに決めました。

 

容姿に自信のなかった私でしたが、友達の後押しと、婚約者のユーモアに、とても救われています。

 

「プレマリ」さん、本当にありがとうございます。
38歳にもなって、冗談にも「アラサーなんです」なんて言えないで、「アラフォーです、アハハ」と、無理して見せるのも、限界かなぁと思い始めた、39歳の誕生日前あと3か月というところで、ずっと独り身だった友達が、授かり婚をしました。

 

私と来たら、身長の割に横に太いし、指輪のサイズもちょっと言えないくらいなので、「この人いいな」と思う人がいても、結局、声をかけずじまいでした。

 

そんな時に、「独身証明書」と「写真」が必要な「結婚相手に出会える結婚出会いサービスならプレマリ」に、出会いました。

 

長い名前だし、私には容姿とか利用料金とか、色々な意味で敷居が高い気がして、一度はそのアプリを閉じました。

 

でもほかの「婚活サイト」を検索して、試しに3か月だけ登録してみたのですが、メッセージは来るのですが、顔写真を見せると、フェードアウトしていく男性ばかりで……。

 

落ち込んでいる時に、前述の授かり婚をした友達から、「後ろばかり向ていちゃいけないよ。○○(私です)には、○○にだけの優しさと包容力ってものが、あるんだからね」と、LINEでメッセージをもらいました。

 

正直、「もう婚活なんてやめてやろうか」と思っていたところだったので、思わぬところで援護射撃をもらって、嬉しくて涙が出ました。

 

そして改めて入会したのが、「プレマリ」でした。

 

お見合いは勿論、結婚するまでじっくりとサポートしてくれるし、専門のカウンセラーがいることで、自分の揺らいでいる心とか、お相手に関する不安とか、そいう言ったところまでサポートしてくれました。

 

私は、どうせなら早く結婚したいと思ったので、「ブライド」コースに申し込みをしました。

 

6カ月で結婚相手と出会えるとは思っていなかったので、一括払いは少々きつかったですが、3万0240円をクレジットカードで支払いました。

 

でもよく考えたら、12カ月で割って、更に30日で割ってみると、1日100円にも満たないくらいの支払いだったので、「1日ペットボトル1本我慢しよう!」と言う気に、なりました。

 

そこからはまず、自分のプロフィールを充実させることと、相手のプロフィールが充実させられているかということをチェックすること、年収や学歴、趣味、休日は何をしているかなど、細かくチェックしていきました。

 

そうして8カ月ほど経った頃、40歳のお相手の方から、とても丁寧なメッセージが送られてきました。

 

まるで「ビジネス文書」のように始まったそのメッセージは、お相手の方の人となりを感じさせる、誠実で真面目な、言葉が並んでいました。

 

ただちょっとだけ残念だったのは、頭頂部が多少薄くなっていたことです。

 

それは本人も気にして、「頭頂部が多少薄いですが、補って余りあるアイディアとユーモアがあると思っていますので、良かったら、お返事頂けないでしょうか?」と、書かれていました。

 

私は、その一言にやられてしまって、「ぜひ、お話させてください」とお返事していました。

 

その後はとんとん拍子で、LINEを交換して、すぐに通話もするようになって、「エンジニアだから夜中に帰ることもあるんです」と言うので、「メールだけでも、お休みなさいって言いたいですね」と返すと、「嬉しいです、ありがとうございます!」と、声が弾みました。

 

ライン交換してから最初のランチは、公園に面した落ち葉の美しい「こんなところでお茶してみたいなぁ」と思っていたような、素敵なカフェで待ち合わせました。

 

そして、その場で結婚を前提にお付き合いをすることを、お互いに決めました。

 

容姿に自信のなかった私でしたが、友達の後押しと、婚約者のユーモアに、とても救われています。

 

「プレマリ」さん、本当にありがとうございます。

 

プレマリ 体験談