ゼクシィ縁結び婚活サイトの評判、注意点、喪女にオススメなわけ

ゼクシィ 婚活サイト

私は、3年前まで付き合っていた前カレの後、片想いも1〜2回したくらいで、恋愛とはかけ離れた生活をしていました。

 

アラサー街道ど真ん中の30歳の時、「きつね目でデブスの私が、このままで結婚できるの?!」と不安に駆られて、婚活サイトに登録しました。

 

今では、優しくて楽しい旦那さんと、幸せな生活をしています。

 

婚活サイトで、何か特別なことをしたと思いますか?

 

実は、ちょっとだけ気を付けていたことがあるんです。

 

ここでは「ゼクシィ婚活サイト」の詳細と、入会方法、料金などをご紹介します。

 

 

伝えたいことは、主にこの3つです。

 

  1. 「ゼクシィ」の信頼性の高さ、登録方法、利用料金
  2. 活動の目安は6か月?価値観マッチング
  3. お見合いコンシェルジュの安心感!デート調整代行

 

です。

 

がんばって書きますので、最後まで読んでもらえたら嬉しいです。

 

「ゼクシィ」の信頼性の高さ、登録方法、利用料金

ゼクシィ 利用料金
結婚を考えている人は、一度は目にしたことがあるであろう、「ゼクシィ」はリクルートが運営している結婚に関する総合サービスですが、2015年に「ゼクシィ縁結び」というサービスを立ち上げました。

 

「ゼクシィ縁結び」のサービスは、いわゆる婚活サイトと、実店舗で婚活する相談カウンター、婚活パーティーの3つの総称で、ここでは「ゼクシィ婚活サイト」のことを紹介致します。

 

「ゼクシィ婚活サイト」は、入会金も初期費用も、成婚料もかかりませんので、気楽に婚活を始めることが出来ます。

 

メールアドレスなどの登録や、プロフィール登録、お相手の男性を検索するのも紹介も、マッチングも無料で利用できます。

 

また、マッチングに必要な「価値観診断(「ゼクシィ」利用者6000人に調査した、独自の診断を作成)」も無料で利用でき、自分がどんなタイプかを、13のタイプの中から分析してもらうことができます。

 

活動の目安は6か月?価値観マッチングと検索機能

ゼクシィ 縁結び機能
18の質問に答える「価値観診断」を受けると、13のタイプの中からひとつ、自分を分析してもらうことが出来るのですが、この中から価値観ぴったりのお相手を、毎日4人ずつ紹介してくれる、価値観マッチングサービスが利用できます。

 

また、通常の「好みのお相手の条件」で、お相手の男性を検索することもできます。

 

検索機能は、アルゴリズム解析で「好みのお相手」を学習して、おすすめのお相手を紹介してくれるので、価値観マッチングサービスと併せて、2種類の「出会いの可能性」探ることができます。

 

メッセージを交換するためには、有料プランを購入する必要がありますが、1か月、3か月、6カ月、12カ月のプラン(3、6、12か月プランは月額が割引になります)があり、それぞれ一括で、本人名義のクレジットカード支払いです。

 

「お見合いコンシェルジュ」の安心感!デート調整代行

気に入ったお相手の男性が見つかって、メッセージのやり取りも盛り上がってきたら、「お会いしたい」という気持ち(「お見合い」が成立した時に)になりますが、この時、頼りになるのが「お見合いコンシェルジュ」です。

 

忙しい2人の間に立って、実際にデートに利用できる場所をおすすめしてくれる機能で、「お見合いコンシェルジュ」を利用することで、「お見合い」成立時にはまだ、お互いの連絡先を伝えておかなくても、安心してデートができます。

 

また、実際にお会いしてみて「合わなかった」と思った時、スマートにお断りしてくれるのも、「お見合いコンシェルジュ」の魅力です。

 

さて、「ゼクシィ婚活サイト」の詳細と、入会方法、料金は、いかがでしたでしょうか。

 

私は、「ゼクシィ婚活サイト」での婚活に際して、肉食よろしくガツガツと「強気で行こう!」と思っていましたが、いざ「お会いしたい」と言われたり、私の方から「お会いしてみたい」と思っても、なかなか時間の都合が合わなかったことがありました。

 

ところが、「お見合いコンシェルジュ」を利用したら、「連絡先を直接伝えていなくても、デートができる」ことと、やはりデートに利用できる場所をおすすめしてくれることで、安心感が違いました。

 

「ゼクシィ縁結び」には、婚活相談カウンターや、婚活パーティーなどのサービスもありますので、「婚活しようかな?」と思う方には、そちらも併せておすすめします。

 

ゼクシィ 縁結び デート代行

 

アラサー喪女がゼクシィ婚活サイトを利用した口コミ

 

私は、どんなにもがいても、「アラサー」と呼ばれるようになった、27歳の時に、「ゼクシィ婚活サイト」に登録しました。

 

おしゃれに興味がなくて地味子だし、基本がインドア派で、外に出るのは通勤と、ひとりでカフェで何時間も読書する時だけな私でも、「いい人がいたら結婚できるのかなぁ」くらいには、焦っていました。

 

そんな27歳の誕生日が過ぎた頃、「結婚するなら『ゼクシィ』」とまで言われるリクルートが、「ゼクシィ婚活サイト」を立ち上げていたことを、テレビのCMで知り、「いい人に出会えそう!」と感じたので、登録をしてみました。

 

「ゼクシィ婚活サイト」は、入会金も初期費用も、成婚料も、プロフィール登録やお相手探し、マッチングまでは無料で出来ます。

 

気に入った相手と、実際にメッセージを交換したいとなった時に、有料登録する必要があるので、私はまずは無料登録で、お相手の男性を検索することにしました。

 

私は、他の「婚活サイト」と比較をしてみてから、初めてこの「ゼクシィ婚活サイト」に登録したのですが、「結婚するなら『ゼクシィ』」のリクルートが運営している、という安心感は、絶大でした。

 

「婚活サイト」とうたっていながら、利用者が「出会い系サイトみたい」とクチコミされているようなサイトよりも、おそらく、「ゼクシィ婚活サイト」なら、ブランドイメージも高いので、女性も利用しやすいのではないでしょうか。

 

私のプロフィールの登録は、お相手の男性に求める条件など、「相手に知ってもらうためには、まず自分から」と思い、時間をかけて、10以上ある項目を全部、丁寧に埋めました。

 

それから、無料で受けられる、18項目の設問に答えるだけの「価値観診断」で、自分の価値観と似通った、おすすめの男性会員を毎日4人ずつ、紹介されました。

 

「価値観診断」のサービスを受けると、年間で1480人の、価値観が合う男性を紹介してもらえるので、メッセージのやり取りをする時も、話しやすいと思いました。

 

私は登録した後、3日ほど忙しくてサイトを開けなかったのですが、その間に、「いいね!(Facebookなどの「いいね!」のようなものです)」をいくつかもらっていたので、4日目にサイトを開いた時に、ゆっくり時間をかけて、「いいね!」をくれた男性のプロフィールを、見て回りました。

 

私が登録した日から数えて、2日目の夜に「いいね!」してくれていた、Oさんという34歳の会社員の男性は、顔写真を登録してあったのですが、他の男性のように「自撮りでキメ顔」でなくて、お友達か誰かが撮った、「笑顔の写真」だったのが印象的でした。

 

笑顔の写真なので、目が細くなっていて、少し想像力をかき立てるような、フツメンというよりは少しイケメン寄りのOさんに惹かれて、素直に「優しそうな笑顔に惹かれてしまいました」と、初回の無料メッセージを送ってみました。

 

2時間くらい後に、「ありがとうございます!僕も読書大好きで、休みのたびに本屋に入り浸っています」という返事がOさんから来て、同じ読書好きということに、ますます興味の湧いた私は、メッセージをやり取りするために、とりあえず1か月分の有料会員登録(クレジットカードで支払えます)をしました。

 

それからは、読んで面白かった本の話や、お互いに「本屋に行って新しい本を買った後は、カフェに直行します」という話など、どんどん話が盛り上がり、2週間経った頃に、LINEのIDを交換することになりました。

 

私が「人と話すことが苦手で、通話はあまり……」と話すと、「文章だと、おしゃべりになれますよね」とOさんが同意してくれて、何故かその時、「この人なら、受け入れてくれるかもしれない」と、思いました。

 

私もOさんも、有料会員登録は1か月分で、退会しました。

 

退会する日に、Oさんと初めてデートしたのですが、「初めまして」と「お付き合いしてください」を、Oさんに同時に言われて、思わず泣いてしまったことは、婚約した今でもOさんにからかわれます。

 

「いい人がいたら」と思って、「ゼクシィ婚活サイト」に登録してみて、素敵な婚約者に恵まれたことが、本当にしあわせです。